猫にアロマオイルは危険な理由!命にかかわることも

アロマオイル 猫

アロマオイルは、優しい香りがあって心理的にリラックスできるため、日頃から使っている方も多いと思います。しかし、人間にとっては有用なアロマオイルは、猫にとっては危険なものなのです。ここでその理由を確認しておきましょう。

アロマオイルが猫に危険な理由

アロマの危険性

その理由を一言で述べてしまうと、猫はアロマオイルを体から排出できないからです。猫は肉食動物であり、体内で植物を分解する能力がありません。精油成分を分解するために必須の酵素をグルクロン酸転移酵素と言うのですが、猫はこの酵素を生合成できないために中毒を起こし、場合によっては死に至るというわけです。これは遺伝子レベルの問題のため、解決する方法はないと考えるべきでしょう。

そういうわけで、猫を飼っている家庭でアロマセラピーをすると、猫の肝臓に多大なダメージを与えることになります。飼い主が出来る対策は、とにかく猫にアロマオイルが触れないようにすることに尽きます。

アロマオイルを楽しむために

ハイドロゾル

では何か代替案はないのかと言うと、アロマオイルの代わりにハイドロゾルを使うことで安全性は確保できます。これは微量のオイルが含まれますが、ほとんどが水からなる蒸留水です。その代わり殺菌効果はほとんどありませんので、あまり使う意味がないかもしれません。

ただし、アロマオイルを盲目的に悪者と見てはいけません。医療目的では有効な場合があります。病気を予防したり、がん細胞を殺すためにアロマオイルが使われることがあります。専門家が適切な判断のもとに使うのは認められるべきですが、素人が判断するのは危険です。注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク